Gut's

おきなわ企業魅力発見事業

Via Gut’s
(Gut’s経由、私の夢)

在学生編

Gut’s+経由の「やりたいこと追求型」大学生へ

松園 大輝 さん

名桜大学 人間健康学部 スポーツ健康学科 2年次(平成28年4月現在)

Gut’s+では、インターンシップだけでなく、事前研修と言う学びの場が設けられています。事前研修では、人生を楽しみ、輝いている先輩方と出会え、お話し全てが刺激となります。その刺激が体に残っている間に、インターンシップに行くため、普段とは違った環境でも最大限の力を発揮することができます。

 

―Gut’sに参加した理由は?

大学に入学した当初から何かしたいという強い願望を抱いていました。その時に丁度、修了生の先輩と出会い、Gut’sを紹介していただいたのが始まりになります。それから何も考えることなく、直感で「楽しそう」と思い、参加することに決めました。

 

―Gut’s参加後、自身に変化はありましたか?

私は名護に住んでいますが、那覇会場に参加しました。長崎県から来た「井の中の蛙」である私は、多くの同志と出会うことが出来ました。また、輝いている先輩方にも出会うことが出来ました。その結果、未熟さ・出会いの面白さ・仲間の大切さを肌で感じることができました。この3点を感じることができ、参加してよかったと心から思います。

成長Episode.1

高校生の前で、経験談を話したい。

私は、中学・高校で生徒会長をやっていたため、多くの人の前で話をすることが大好きです。大学に入ってから人前で話す機会はないかと模索していた時に、高校インターンシップと出会いました。プレゼンでは、伝えたいことが伝わらない時もあり、力不足を感じました。しかし、これに参加していないと力不足にも気づけていませんでした。迷うことなく一歩踏み出してよかったです。

成長Episode.2

やりたことをやるってかっこいい!!よし自分も!!

ずっとやりたかったことを私は1つやりました。それは原付バイク日本一周です。1年生の春に西日本を中心に45日間のタビをやってきました。Gut’sを通して、やりたいことをやっている大人ってかっこいいと思ったので、自分もやりたいことをたくさんやろうと誓い、タビに出てきました。タビを通してかけがえのない経験をすることができました。やりたいことをやるって楽しいですね。

成長Episode.3

在学中に教育の現場を経験したい!!

インターンシップで辺野古にある「やまびこ久辺保育園」に行きました。まさに教育の現場です。インターンシップを終えてから現場でもっと学びたいと感じました。それから園長先生にお願いをして、今はボランティアをさせていただいております。教育分野に興味がある私は、机上の空論より現場を大切にし、貴重な時間を過ごしております。

成長Episode.4

人と出会うって楽しいな♬

長崎県から来た私は、那覇会場に知り合いが1人もいませんでした。だからこそ、全員と繋がり、仲間になることができました。この時に人と出会うことは楽しいものだと強く思いました。それから、沖縄県中部拠点の学生団体Movementに入りました。そこでも初めて会うメンバーばかりで、出会いの楽しさを感じています。Gut’s経由で出会う仲間は全員が志高く、私の成長の火種となっています。

―Gut’sでの学びがどう生かされていますか?

私は、Gut’sを終えてから、自分が抱いているwant を達成し、自己成長に繋げることが出来ています。これも輝いている人生の先輩方に出会うことができたからです。このようにして私は、学んだことが行動の原動力となって生かされているなと日々感じています。そして、今できている活動も全てがGut’s経由であり、修了後には、日本一周をはじめとする様々な挑戦ができるようになり、一歩踏み出す力が増してきました。

その他のVia Gut's